交渉人というお勧めのアメリカ映画について

さて、11月に入り、寒さが厳しさを増してきました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。
外は寒いので、家で過ごす時間が多くなっているのではないでしょうか。

私の場合は、休みの日は、家で、映画を見て過ごすことが多いです。
その映画の中で、お勧めの作品を今回、ご紹介いたします。

1998年に製作されたアメリカ映画である、交渉人という映画です。
映画の舞台は、アメリカのシカゴで、人質の交渉人である、サミュエル・L・ジャクソン演じる、ダニー・ローマンが同僚の殺害の現場を目撃してしまったことがきっかけで、殺人・横領の疑いをかけられてしまいます。

その後、人質を取り、シカゴ警察に立て篭もり、自らの疑いを晴らすため、別地区の交渉人であるケヴィン・スペイシー演じるクリス・セイビアンを自分の交渉人として、電話で、指名します。
その後、電話でのやり取りから、
銃撃戦を経て、真犯人を暴きます。

ダニー・ローマンのように、身に覚えが無い疑いをかけられる、もしくはケヴィン・スペイシーのように、疑いをかけられた人を助けたいという局面は、人生で、誰にでも起こりえる話です。
人質の交渉人に少しでも興味のある方は、面白いと感じる映画だと思うので、非常にお勧めの作品です。